food

パターンを知る

万が一糖尿病になっても医学は常に進歩しているので有効的な治療方法は沢山あります。しかしならないに越したことはないので糖尿病におけるいくつかのパターンを理解しておきましょう。

» 詳しくはこちら

もたらす影響とは

現代病で知られる糖尿病はある病気と関連性があると言われています。近年発症率が上がっているアルツハイマー病で、今は研究中でもその関連性が今後解明されると噂されています。

詳しくはこちら

質を高め

時代に変化で食事の内容も変わってきているでしょう。ファーストフードを始めとした食事は、頻繁に口へ運ぶと糖尿病になるリスクを上げることを忘れてはいけません。また、制限をかけることでより発症のリスクを下げることが出来ます。

詳しくはこちら

療法とは

生活習慣の乱れは糖尿病を誘発しかねません。改善及び予防に徹するのであれば生活習慣の見直しは重要な項目になるでしょう。少しずつ運動を取り入れるなど方法もありますのでじっくり試して損はないはずです。

詳しくはこちら

放置はいけない

食事の際に吸収される糖には違いがあります。例えば空腹時の場合生命活動に必要なエネルギーを供給している最中です。
そして血糖値を正常な数値に維持しているので良い状態だと言えるでしょう。
一方食事を摂ると状態は全く異なります。炭水化物が我々の主食になりますが小腸・肝臓・消化器に送り込まれる糖と残りは肝臓を通過したあと血液に入るようになっています。その調整役としてインスリンが挙げられます。

糖尿病の治療として使用されるインスリンは、作用が低下した状態を正常に戻す為行なう方法となっています。
特に食後はその傾向が強く、食べ過ぎや運動不足の影響でインスリン抵抗性を誘発する環境にある為肝臓へいく糖の取り組みが上手に出来なくなってしまいます。また、放出も上手く機能していないので結果血液中にある糖質の蓄積が見えるのです。
その状態ならまだしも、骨格筋にインスリン抵抗性があると糖の取り組みがなされなくなり急激に血糖値の数値が上がります。
とは言え、食後はほとんどが上がるものです。取り込みが上手く出来る人はインスリンに対する機能が働いている証拠になりますすが糖尿病の人だと中々下がらず空腹時も常に血糖値が上がった状態になります。
この働きを止めない為には、早期発見が鍵になります。専門医に従い治療をしていけば糖尿病の症状を緩和させることが出来るでしょう。同時に、予防へ繋がることもあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加